経験ゼロからWEBアプリを公開するまでにやったこと

Django
この記事は約4分で読めます。

今日はWEBアプリを全くの経験ゼロから4ヶ月でWEBアプリを公開した僕が、いままでにやってきたことを記事にしたいと思います。

WEBアプリを作ってみたいけど、なにからてをつけていいかよくわからない! という人に向けて書きます。

もしよかったら参考にしてください!

全体の大まかな流れ

全くの初心者状態からWEBアプリを公開するまでやったことは以下のとおりです。

  1. WEBアプリを作るためのプログラムの勉強
  2. 実際に動かすフレームワークでのサンプル作成
  3. アプリ作成とデプロイ(公開)

それでは実際に一つずつ見ていきましょう!

プログラミングの勉強

Pythonの勉強

まずはじめにPythonの勉強からはじめました!

もともとPython自体に興味があって、勉強していたのが始まりです。

いつか勉強した結果を活かして、なにか作りたいと思っていて、Pythonで作れるものの中で一番丁度いいのがWEBアプリでした。 

勉強を始めた当初はAIや機械学習などを夢見ていたので、いつか手を出してみたいと思います笑。

html/cssの勉強

Pythonの文法をある程度学んだら、WEBフレームワークのFlaskの勉強をはじめました。

そこで初めて知ったのですが、Pythonで作るWEBアプリは、Pythonスクリプトでhtmlを出力して、WEBページを表示するものでした。

つまり、いくらpythonを勉強してもhtmlを知らないとWEBアプリを作れないのです!

これはまったく盲点でした(考えてみれば当たり前ですが……)。

プログラミングの勉強におすすめのサイト

プログラミングの勉強にはpaizaラーニングドットインストールがおすすめです。

僕はpythonとhtmlはpaizaラーニングで勉強しました!

paizaラーニングは、環境構築不要でプログラミングの勉強ができるので、今すぐプログラミングを学びたい!という人におすすめです。

詳しくはこちらの記事に、当時paizaラーニングを使っていた頃の感想をまとめてあります!

ITスキルを簡単につけたいなら? 簡単実践可能なpaizaラーニングがおすすめ!
機械学習やIoT(モノのインターネット)、次々に出てくるスマホアプリなど、情報技術の進歩はとどまることを知りません。そんな中「自分もITスキルを身に着けたい!」と思っても、全く知らない分野の勉強って何から手を付けたらいいかわからないですよね

DjangoでWEBアプリ開発をプレ体験!

Qiitaに投稿されていたこちらの記事を参考に、Djangoアプリをお試しで作ってみました!

kaki_kさんの記事は非常にわかりやすく、初めて挑戦する僕でもすぐにWEBアプリを作ることができました。

ローカルサーバで動かして、ブラウザからアクセスできたときは感動したことを覚えています。

このお試しWEBアプリ開発を通して、htmlやDjangoのレベルをぐっと引き上げることができました。

GoogleのAPIを使って書籍を検索して一覧を出したり、ページを切り替えたりといったことをして遊んでいました。

アプリの制作とデプロイ(公開)

ローカルホストでのアプリの制作

まずはローカルホストでWEBアプリの制作を行っていきました。

アプリの大まかなイメージを決め、思いつきてコーディングしていきました。

本来はきちんとソフトの設計をしたほうがいいのでしょうが、ソフトの設計が必要なほど大きなシステムをいきなり組むと、途中で挫折すると思ったのでしませんでした。

ConoHaVPSでDjangoを公開する

アプリの公開はConoHaVPSを選びました。

選んだ理由としては価格が安いことと、会員数が多いため情報を集めやすいと思ったからです。

VPSを操作するにあたって、Unixのコマンドをその都度調べながら作業していきました。

ConoHaやCentOSの情報は豊富なので、そこまで困らずに作業することができました。

アプリのデプロイ

最後にデプロイしたアプリを紹介します!

こちらです! 試しに使ってみてもらえるとうれしいです。

gantt - top

コメント

タイトルとURLをコピーしました